ウォーキングデッド ウェビソード

ウォーキングデッド ウェビソード

ウォーキングデッド ウェビソードは、数分程度の短いビデオクリップのシリーズで、TVシリーズのストーリーラインの背景などを紹介するものです。2019年初めの時点で、ウォーキングデッド・ウェビソードは、4編(シリーズ)が提供されています。

TVシリーズのシーズンの合間などに、ストーリー展開の補完や宣伝として、ウェビソードシリーズの全編が同日に公開されています。

TVシリーズの派生版、Fear The Walking Deadシリーズでも、2シリーズのウェビソードが公開されています。

以下、これまでに公開されているウォーキングデッド ウェビソードシリーズの概要を紹介します。

Torn Apart

Torn Apartは、6つの短いビデオクリップで構成されるウォーキングデッド最初のウェビソード シリーズです。Torn Apartは、ウォーキングデッド シーズン1とシーズン2公開の間の、2011年10月3日に6ウェビソードが一気に公開されました。

このウェビソードは、ウォーキングデッドに登場する代表的なウォーカー、通称、”自転車の少女 (Bicycle Girl)”の元であるハンナについての特集です。ハンナがどの様にして、上半身だけのウォーカーズとなり、シーズン1で登場する”バイシクル・ガール”になったかが紹介されています。

以下、Torn Apart ウェビソーズの各タイトルとあらすじ、補足説明と考察記事へのリンクです。

  1. A New Day
  2. Family Matters
  3. Domestic Violence
  4. Neighborly Advice
  5. Step-Mother
  6. Everything Dies

Cold Storage

Cold Storageは、4部の短いビデオで構成されるウォーキングデッド ウェビソードの第二シリーズです。Cold Storageは、シーズン3の放送開始2週間前の2012年10月1日、AMC公式サイトに4ウェビソードが一気に公開されました。

あらすじ

アトラント近郊のビルの屋上にいる生存者、チェイス(Chase)と言う名の若者が避難場所を探して起こる出来事を演出しています。チェイスは(別のキャラバンにいるとされている)彼の幼い妹を探したいと考えているのですが、彼と仲間のハリスは、近くの倉庫施設を調査しようと決めます。

ビルから下に降りて倉庫に向かう途中で、二人はウォーカーズに襲われ、ハリスは殺されてしまいます。しかし、チェイスは逃げ出して、一つの倉庫のユニット(部屋)に隠れます。倉庫のユニットの外側のシャッターを開けようとウォーカーズ達がして、チェイスは恐怖におののいていました。その時、銃が連射され倉庫の部屋の外側にいたウォーカーズは一層されます。ウォーカーズを倒したのは、B.J.と言う名の倉庫の元従業員でした。

B.J.は、当初、チェイスに対して敵意を持っていましたが、チェイスが壊れた発電機を修理することを申し出たため、一緒に来るように言います。倉庫の一つの部屋のところで、B.J. はチェイスに血が多量に付着している服を着替えるように低減します。チェイスが、倉庫の部屋の中で服を入手し、置かれている箱の中を見ると、リック・グリムスの家族のアルバムがありました。チェイスは、アルバムをめくってリック達の幸せそうに写っている写真を見て、微笑みます。

アメリカでは、家に収まりきらない余分な荷物などを倉庫を借りてしまっておくことがあります。

B.J.はチェイスを、彼の事務所(作業部屋)につれていきます。部屋には、倉庫内の監視用のスクリーンがたくさん置かれ、倉庫内の状況をモニターすることができるようになっています。チェイスは、B.J. による施設内の放送の指示に従って、発電機の修復を行います。修復作業を行っている際、背後から迫ってくるウォーカーに気付いて、ウォーカーを倒します。監視カメラでモニターしているはずのB.J.が、迫ってくるウォーカーについてチェイスに知らせなかったことから、チェイスはB.J.に疑いを持ちます。その後、チェイスはB.J. に案内されて建物の外にある廃棄物のコンテナの所に連れて行かれます。コンテナの中には多数の倒されたウォーカーが横たわっていました。背後から、B.J.がチェイスの頭を撃ち、チェイスは倒れて落ちます。B.J.が撃った弾は、チェイスのこめかみをかすっただけでした。

チェイスは意識を取り戻して、立ち上がって建物の外を歩いていると、ウォーカー化したハリスに出会います。チェイスは近くにあったブロックを使ってハリスを倒し、ハリスが持っていたナイフを入手します。そして、チェイスはB.J.に復讐するために建物内に戻ります。B.J.の部屋に行くと、B.J.はいませんでした。しかし、一つのモニターにある部屋からB.J.が出てくるのが映ってました。チェイスは、B.J.が出てきた部屋を見つけ、中に入ってみると、ベッドに縛り付けられた女性がいました。

女性は、チェイスを見るとパニックになりますが、チェイスが彼女を痛めつけるつもりはない。ここから逃してあげると言って、彼女を拘束を解きます。女性は、倉庫の従業員でB.J.の同僚のケリーでした。ケリーは、チェイスにB.J.は他の同僚を殺して、自分を閉じ込めていたと話します。チェイスとケリーが脱出しようとするのをモニターで見たB.J.は部屋を飛び出し、建物内の出口付近で二人に追いつきます。

チェイスとB.J.は、二人共、銃を構えて対峙します。B.J.は、チェイスに出ていくことを許すが、彼女はおいて行けと言います。お互いに銃口を相手に向けて構えた状態で緊迫した状況が続きます。その間に、ケリーはチェイスの後ろに廻ります。ケリーは、チェイスが持っていたハリスのナイフ(刀に近い)を持っています。

次のシーンで、建物の外に停めてあるトラックにケリーが乗り込みます。隣にはチェイスがいます。チェイスがガソリンはあるかとケリーに聞き、ケリーはほとんどないと答えます。そして二人はトラックで脱出します。B.J.の部屋のモニターには、倉庫内に多数のウォーカーズが侵入しているのが映し出されます。そして、ウォーカー化した頭だけのB.J.が映し出されて終わります。

The Oath

The Oathと言うタイトルの3つのビデオクリップで構成されるウェビソード シリーズが、2013年10月1日に公開されました。

このシリーズは、リックが病院のベットの上で昏睡状態から目覚めた後、病院内のカフェテリアのドアに”Don’t Open, Dead Inside”(開けるな。デッド(ウォーカー)が中にいる。)とペイントで描かれたメッセージの元を紹介します。

  1. “Alone”
  2. “Choice”
  3. “Bond”

本シリーズに関しては、別途、記事を投稿予定です。

Red Machete

Red Macheteは、6部構成のウェビソードシリーズです。それまでのウェビソードシリーズは、同日に全エピソードが公開されていましたが、Red Macheteは最初のエピソードが2017年10月22日、2番目のエピソード、”Sorrowful”は、翌月の11月19日に公開されました。3番目以降も月に一度のペースで公開されています。それまでのウェビソードに比べて、エピソードの長さも長いのが特徴です。

Red Macheteは、リックが使っていたさや(ハンドル)が赤のナタ(Red Machete)の元となる特集ストーリーです。

  1. “Behind Us”
  2. “Sorrowful”
  3. “Made to Suffer”
  4. “What We Become”
  5. “Gone”
  6. “We Find Ourselves”

error:Content is protected !!