ウォーキングデッド・コミック 168話 “The Road’s End” あらすじ・考察・感想

ウォーキングデッド コミック 168話 表紙のニーガンを前にひざまずくセイバーズ達 コミック あらすじ ネタバレ
ウォーキングデッド コミック 168話 : The Road's End

168話の表紙は、ニーガンを前に跪いているセイバーズのメンバー達。タイトルは、”The Road’s End”です。

ネタバレ

168話は167話の最後のシーンからの続きで始まります。先頭を歩くリックの後に仲間達が付いていきます。皆、俯いて無言です。アレクサンドリアの中と外では、片付けが始まっています。

Dwightとセイバーズのメンバー達がゲートの補修をしています。リックを見つけてDwightがやってきました。「ゲートを元に戻さなければならない。皆をまとめることが自分の責任だと考えて、順を追って全てを元に戻そうとしています。」とDwight。

「ありがとう。」と言うリック。Dwightは、無言です。「Dwight、(シェリーのことは)… 残念に思う。」「止めてくれ。我々は、両方共、何かを失った… あなたは(謝る)必要はない。」Dwightの後ろから「リック グリムス」と声がかかり、リックの周りは皆、少し驚きの目で見ます。銃を持ったセイバーズ達がいます。中央にジョンがいます。銃は降ろした状態です。

「我々は、アンドレアが戻ってくる(到着した)所を見た。彼女は、具合が悪そうだった。あんたがシェリーと話し合う間、彼女は俺達にあんた達の片付けを手伝って欲しいとDwightから聞いた。俺達は、全員、アンドレアを尊敬していた。その敬意を評して、最後の手伝いをした。あんたの損失を残念に思う。」とジョン。手は降ろしていますが、両手でマシンガンを持っています。

「ありがとう。」とリックは答えます。

「君たちが我々にしてくれたこと全てに感謝する。もっと必要だった時には、君たちは手助けしなかったが… 今、君たちが手伝ってくれたことは、大きな意味がある。このことが我々との間の隙間を修復し始めて、平和をもたらすことを望む。」

「我々は態度を明確に伝えた — その後どうなるかは、これから見ていくしか無い。シェリーは、どこだ?」とジョン。

「我々無しで、君たちがどういう状態だったか全てを思い出して欲しい。我々が協力し始める前の君たちの生活がどのようなものだったかについて。

君たちは、我々を敵とすることを望まない。それは君たちが望む最後のことだ。君たちは、– 必要ない。」

「シェリーはどこだ?!」

「シェリーは死んだ。」後ろにいるDwightがリックの後ろ姿を見ています。

「何?!」と険しい顔になるジョン。

銃をリックに突きつけて、「我々の間の平和の希望は、彼女の死と共に終わった。」

Taraを始めとするセイバーズのメンバーも銃を構えています。しばし、様子を見るDwight。そして、短銃を構えて「リック!」、「下がって、建物の中に入れ!」と言います。

Dwight一人と多数のセイバーズが銃を構えて向かい合う間に、リックは立って両手を広げています。「Dwight — 落ち着いてくれ。皆、落ち着いてくれ!私に説明をさせてくれ。シェリーは怪我をした。それは事故だった。彼女は私を攻撃した。我々は話し合って収めることができる。」

そこに、Dwightを制して、ニーガンが現れます。「俺に扱わせてくれ。」

Dwight、驚愕の表情です。リックも驚いています。呆然とするDwightに横から、「大丈夫だ。」とリックが声をかけます。不審と不満の混じった目でDwightはリックを見ます。

銃を構えるセイバーズの真正面にニーガンが立ち、両手を広げて言います。「しばし、銃を降ろして、話を聞け。不服を持つ者達よ。お前達は、二人の人物の尽力のおかげで生きている。そのうちの一人はもちろん、… 俺だ。」

「もう一人は、リックグリムスだ!」とリックを指でさします。リックは、厳しい表情をしています。

「俺は、スコアを知っている。(お前達の気持ちは分かる。)お前達は自由が欲しい。そして、今、お前達のリーダーは死んだ。お前達は許せない気持ちになっている。血を浴びるまでは、その気持が晴れることはない。」

「俺を信じろ。俺はあそこにいた。そうだ、いたんだ。お前達も多分、鉄格子の中にいたことがあるだろう。お前達は、ルシール、彼女自身に対抗する… 血に飢えた怪物だ… 」

「神は、彼女を木の魂として休息を与えた。だから、おれはお前達に選択を与える。用意は良いか?」とニーガンは右の手のひらを胸に当てて言います。

そして、不敵な表情をして、「俺がセイバーズを率いていた時の状態に戻りたいやつは誰だ?」と言います。

後ろにいるDwightが、「リック –」と言います。

「静かに。これがどうなるか見るんだ。… そして、準備する… 」

「あの時の事を考えてみろ。ポイントシステムによって物事は動いていた。誓約をして作業をして、ポイントを得る。そして、そのポイントで食料やいろいろな物資を得る。… 素晴らしかった! どこから、俺達は物資を調達したんだ?人々は、それを俺達に持ってきた。そして、俺達に渡した。彼らは俺達を好きだからそうしていたか?もちろん、そうじゃない。彼らは俺達を憎んでいた。俺が最も憎まれていた。」

ニーガンは両手を広げて、自信たっぷりに話をしています。銃を降ろして、黙って聞いているセイバーズ達。

「しかし、彼らは同様に俺達を恐れていた。そして、俺が最も恐れられていた。そして、それは、想像し得る範囲を超えるほど極端なものだった。そうだよな?!」

と怖い顔で言った後に、少しおどけた調子で、「何だ?俺達は全員ここで座って、昔は、誰もそんなことはしたことはない振りをするつもりか? 俺だけじゃないはずだ… 」

セイバーズのメンバーは、気力がない感じになっています。

「それとも、そうなのかもしれない。おれが再びリーダーになって、それはしない。自分たちだけでする。」(略奪はせずに自活する。)

メンバーの一人が無言で周りを見た後、跪いて言います。

「私はあなたに付いていきます。以前は良かった… 俺達は強かった。」

「他にいないか?マークだけか?本当に?」とニーガン。「これは、ちょっと戸惑うな… 誰かいないのか? 誰もいない? OK、それなら… 」

服従を誓って跪いていたマークを、ニーガンがバックハンドで殴ります。

「全員の中でお前は、前のやり方に戻ることを望んだ。お前の顔半分をやけどさせたのは俺だ。おまえは、それに戻りたいのか?! お前の顔をやけどさせたことだぞ。」

「ジーザス、マーク… お前は特別種の羊だろ?こいつを皆見ろ。」

「違います。おれはただ… 」と泣き出すマーク。

「まったく。マーク、しっかりしろ。正気に戻れ。」

「ジョン、まず第一に、あの坊やに注意を払え… この後で、あいつは自殺か何かをしかねない。二番目(次)に… おれは、お前達が好きだった。お前らは大馬鹿だ、それは事実だ。しかし、本当は… お前達は考えることができる。」

ニーガンは、ジョンを見据えて言います。

「お前は、引き起こした人物から遅れている。(リーダーの判断と行動、状況や意思を直ちに理解する)それは確かだ… そしてそれはお前を滅亡に導きかねない。それが俺、またはシェリーであってもだ。しかし、最終的には、お前は何が何かを知っている。だから、お前は今、ひざまずかなかった。お前は、昔のやり方にもどることを望まない。… そして、もっと本音の所で、お前はシェリーの計画に従うことも望んではいなかった。このコミュニティーのネットワークを壊したら、… 俺の統治下の生活に戻るのと同じだからだ。」

「お前はリックは統治者・独裁者でないことを分かっている。お前は本気でシェリーの復讐をするつもりがないことを、俺が分かっているように.. お前はシェリーの復讐をしたくない。本音は、お前は彼女が死んで安堵している。」

「言葉に気をつけろ。」とジョン。

「あんたは、自分が話していることが何か分かっていない。」ジョンはニーガンに銃を突きつけます。

ニーガンは両手を上げていますが、目は全く恐れていません。

「おい、おい。感情が、過去最高に高まっているぞ。分かった。しかし、感情的になるのは止めておけ。これをぶち壊しにするような原因をつくることは一切するな。馬鹿げた戦いは、俺達全てを生き残れなくなるするかもしれない。考えてみろ。」

「ジョン、シェリーは釘を探しているハンマー(金槌)だ。彼女は、Dwightでは、満足しなかった。俺と一緒の時もそうだ。お前と一緒でも、満足ではなかった。彼女は、解決する問題が必要だった。問題がないと、彼女が認識した時… 彼女は問題を作った。故に、今の俺達の状況となった。」

「そして、もしも仮に、この状況を招いた原因とは近くなかったとしても、不幸な女は死んだ。その死の状況によって、それが何だったのかを示している。お前達をここに来させたのは彼女だ。そして、リックを攻撃したのも彼女だ。」

「その死は、彼女の側に原因がある。だから、そのことはこのグループに平和をもたらすことにさせる。他の誰もこのことで死ぬべきではない。そうだろう?」

「お前達側でも、俺達側でもない。」

人々の中にいるマギーがとても厳しい顔でニーガンを見ています。

ニーガンが自由に行動して、さらには「俺達」とアレクサンドリア側に属しているような事を言っていることは、マギーにとっては、承服できないことです。

「だから、真剣に… お前達の持ち物をしまって… 家に帰れ。」

「リックはお前達が銃を構えてぶちかましたことについて制裁も与えずに、お前達をおとなしく帰らせるだろう。そのことは、彼がどの様な人間かを証明している。そして、もしそれが充分でないのなら… ただ待て。お前達が住めるように俺が作ったあの工場の中で座って、お前達が何か助けが必要になるまで待っていろ。… そして、お前達は、ほぼ確実に助けが必要になる…」

「そして、リックに助けを求めろ。その後の彼を見ていろ。彼は礼儀正しく助けを提供する。それから… 彼がお前達に助けを求める番が来た時、お前達は彼を助けるんだ。」

「なぜなら、それがこの事全てだからだ。コントロールしない。ボスではない。それは、お互いが助け合うことだ。それだけだ。」

「それで?どうする?」とニーガンが締めくくります。

セイバーズ達は黙って素直な様子で聞いています。

そして、全員、背を向けて歩き出します。

ニーガンは、リックに「お悔やみ申し上げる。」と真剣な目で言います。そして、その場から離れます。リックは、無言です。

過去の経緯がなければ、ニーガンに礼を言うのが当然の流れですが、複雑な関係、心境、状況であることは否めません。

ウォーカーズ達の後片付けをする住民達。そして、Dwight,マギー、リディア、ジーザス達が墓を掘っています。そして、リックとカールは抱き合って泣いている脇を、ミショーンとマギーがアンドレアを運んで通り過ぎます。

ゲートを元通りに設置する作業が行われています。

今回のウォーカーズの襲撃によって亡くなった人達を埋葬した墓地の前に人々が集まっています。

母、ポーラの死を悲しむマイキーをアニーが慰めています。Dwightの手をローラは握っています。ジーザスは、アローンにガブリエルが給水塔の所に逆さまにぶら下がっていたのを見つけたと言います。ユージンは、全て私のせいだと言い、隣のマギーは違うと言っています。リックは無言です。隣でリックを見つめるミショーン。

葬式(埋葬)後

家のキッチンに座っているリック。無表情です。後ろからカールが声をかけます。「父さん、本当に残念だと思う。」反応しないリック。「ダッド(父さん)?」と後ろからリックの肩に手を乗せます。リックは、無言です。リディアはドアの所で二人の様子を見ています。「ダッド、おやすみ。」と言って、カールとリディアは部屋から出ていきます。

リックは立ち上がって、服を脱いで義手を外します。そして、上半身裸の格好でドアを開けて、外に出て行きます。満月で無数の星が見える夜空をバックに、気力を失った表情のリック。

リックは、アンドレアの墓の前に行って、アンドレアが埋められた場所の地面に横になって眠ります。

続きの169話へ

感想と考察

167話は、アンドレアとの最後の別れを描いた異例の長編となりました。アンドレアを看取って、リックが、力なく外に出ると、親しい仲間達が集まっていました。仲間達と繋がり、アンドレアの言葉に導かれて、リックは立ち上がり、歩き始めます。後から無言でついて行く仲間達。ゲートの近くでは、住人達が後片付けをしています。セイバーズ達は、Dwightと一緒にゲートを直しています。

シェリーが死んだことにショックを受け、167話ではリックに対する不信感を見せたDwightでしたが、リック達が来たことに気づくと、自らやってきて、リックに人々を取りまとめて、順を追って、修復作業を行うのが自分の責任と考えて取り組んでいたと言います。リックが、シェリーについて謝ると、その必要はないと断ります。Dwightは、シェリーのことも、リックのことも良く分かるので、頭では理解していると思われます。しかし、心情的には割り切れない所を抱えている様子が伝わります。

リックとDwightが話をしているところで、セイバーズ達が再び銃を手にして集まり、ジョンがリックに話しかけます。ジョンは、Dwightからシェリーが修復を手伝うことを望んでいると聞いていたこととアンドレアに対する敬意から、最後の手伝いをしたと言います。リックは、例を述べた上で、本当に助けが必要だった時に何もしなかったが、手伝ってくれたことは大きな意味を持つと述べます。そして、そのことが関係の修復のきっかけとなることを望むと言います。しかし、ジョンは既にセイバーズの求めることについては、はっきりとさせていること、シェリーはどこにいると聞きます。

リックは、シェリーについては答えずに、セイバーズの以前の状況についてと、その後の協力で良くなってきたこと、敵対関係になるべきではないと述べます。ジョンは、シェリーはどこにいると再び質問します。シェリーは死んだとリックが告げると、ジョンはアレクサンドリアとの間の平和の望みを彼女と一緒に死んだと言って、銃をリックに突きつけます。他のセイバーズのメンバーも銃を構えている所で、Dwightが一人、短銃を構えて、リックに室内に戻るように言います。

その時点での状況は、セイバーズの方が武力では圧倒しています。リックは、Dwightとセイバーズに落ち着くように言って、シェリーがリックを襲った事で、事故が起きたと説明します。そこにニーガンが間に入ってきます。Dwightは、不満げですが、リックはニーガンに任せることにします。

ここからニーガンの独壇場です。ニーガンは、ジョンを始めとするセイバーズのメンバーの心理を良く理解しています。その上で、リックが最初にジョンに言ったことを、セイバーズ達に分かるように説明します。さらに、ジョンは本当は争いたくないという心理も見抜いて、ズバリ指摘します。

最後に、ニーガンは、「お前達が」と「俺達側」と言う表現をします。ニーガンは、アレクサンドリア側にいる立場を明言しています。マギーにとっては、ニーガンが生きているだけでも許せない所に、さらに自由に行動して、アレクサンドリア側として発言しているのは、とても承服できない心理状況だと思います。

ニーガンが、セイバーズのメンバー達に荷物をまとめて帰れと言い、セイバーズに助けが必要な時はリック達は助けてくれる。リック達が助けが必要な時は助けるようにと言います。そして、リックはコントロールはしていないし、ボスでもない。コミュニティー同士で助け合うようにと言うリックが伝えたかったことを分かるように伝えます。セイバーズは、黙って帰っていきます。

そして、その後でリックに向かって、アンドレアについてのお悔やみの言葉を述べます。Dwightは、リックの信頼する右腕だったアブラヒムを殺していますが、今はリックの信頼を得ています。ニーガンの気持ちや考えは、リックが他の誰よりも良く分かっていると思います。

しかし、やはりニーガンの場合は、どんなにニーガンが協力して貢献しても、リックとしては、評価するのが難しい立場です。

ニーガンの助けを得て、セイバーズとの問題は穏便に解決しました。そして、今回のウィスパラーズ戦争とウォーカーズの大軍が押し寄せた時の犠牲者達の埋葬が行われました。リックは、いつもの毅然とした指導者として振る舞いました。

家に帰ってから椅子に座って俯いている所に、カールが声をかけますが、リックは反応しません。カールも気持ちを察して、部屋から出て行きます。カールが出ていった後にリックは立ち上がり、シャツを脱いで、義手を外します。そして、上半身はだかの状態で外に出て、アンドレアの墓のところに行き、アンドレアが埋められた所に体を丸めて横になります。

皆の前では見せることができないリックの辛い気持ちとアンドレアへの想いが最後のシーンで象徴されています。

続きの169話へ

英語版ウォーキングデッド コミック 168話

Amazonでは、原語の英語のペーパーバックやKindle版もAmazonで入手できます。ウォーキングデッド、オリジナルコミック168話(英語)は、Kindle版で購入可能です。

Kindle版は、1話単位で購入できます。価格も比較的廉価です。

ストーリーを楽しみながら、英語に馴染む素材としたり、英語の勉強を兼ねて読むのも一つの選択肢です。その様な楽しみ方のサポートをできればと考えて、本サイトでも1話ごとのあらすじと感想、考察の記事を投稿しています。

英語版のペーパーバック、またはKindle版を入手して、本サイトの記事をコンパニオンとしてご利用頂ければ、幸いです。

168話で登場する英語のイディオム

take it upon oneself to do something

リック達がゲートの所に来た時に、ゲートの補修をしていたDwightがリックに、”Gotta get the gate up — took it upon myself to get everyone organized. Trying to get everything back in working order.”と言います。

“take it upon oneself to do something”は、頼まれていなくても何かについて、自ら責任を引き受けるという意味のイディオムです。

「ゲートを元に戻さなければならない — 自分の責務として、皆が組織だって行うようにした。全てがもとに戻るように作業を順序立てた。」の意味になります。

error:Content is protected !!